KIPON IBERIT 2.4/24mm のフルサイズでの実力

an old tree
 
an old tree
 
SONY A7R2 (ILCE-7RM2)
KIPON IBERIT 2.4/24mm 新東京物産株式会社
 


 
 KIPON IBERIT 2.4/24mm のライカ判サイズので実力を知るために樹木の撮影を行ってみた。
 
 F8での撮影だが、センター~周辺はシッカリ解像しているが四隅はさすがに少し甘い。
 
 甘いとは言っても流れてしまう様な甘さではないので画質的不満を感じることはないが、
 
 SONY αでは全域シッカリ解像というわけにはいかないようで、
 
 ライカMでどういう描写するのか興味深いところだ。
 
 50mmはF8で四隅も含めてシャープに解像していたが広角はちょっと厳しい。
 
 とはいっても、
 
 このコンパクトサイズのレンズで四隅までシャープな広角レンズは非常に難しいと思うので、
 
 コンパクトなレンズとして重宝するだろう事に変わりはないし、
 
 写真は四隅だけで語るものではなく、
  
 もちろん、
 
 標準ズームレンズの広角端よりずっと良いし、
 
 単焦点らしく歪曲も少ないところはズームの24mmとは明らかに異なる利点である。
  
 

人気ブログランキング
 
2018年カレンダー販売ページ
 
FUJIFILM X-Photographers page
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中