光と構図と立体感

Autumn scene of KIMONO

model : Cocoro Kusano

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 16-55mm F2.8 R LM WR  (製品サイト)
 
 


 
 
 
 ロケーションで撮影をする。
 
 ということは、その場所を活かすことは必須条件である。
 
 もちろん、ロケハンは必要だしコンセプトも明確でなくてはならない。
 
 しかし、撮影時に状況の変わることは多く、想定外は当たり前でもある。
 
 そこに対応できてこそフォトグラファーだと思っている。
 
 せっかくのロケ撮影をスタジオ撮影と同じようにしてしまうのは残念なことだ。
 
 
  
 
 

人気ブログランキング
 
2018年カレンダー販売ページ
 
FUJIFILM X-Photographers page

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中