愁傷

lamentation

model : Mari Shimizu

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
KIPON IBERIT 2.4/50mm 新東京物産株式会社
 
 


 
 
 モデルの素を撮りたい
 
 ・・・なんていうフォトグラファーがたまにいるけど、それは無理というものだ。
 
 個人的に近い人物であるならひょっとして撮れるかもしれないが、
 
 写真の上手い下手とは異なる次元の話。
 
 「自分だけは違うぞ」
 
・・・なんて、もし思ってるなら、それは不遜だ。
 
 
 
  
 
 

人気ブログランキング
 
2018年カレンダー販売ページ
 
FUJIFILM X-Photographers page

 

“愁傷” への 2 件のフィードバック

    1. もちろん、そういう風に撮ればできると思いますが、こういうことを言うフォトグラファーはほとんどできていないと思います(笑)そこまで突っ込んで撮ってませんから。
      でも、素を撮ってると思ってるだけかもしれませんよね?(笑)

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中