静・琵琶湖景(2010)

Calm Lake Biwa 
 
 


 
 
 2010年に撮影した琵琶湖北部での1枚。
 
 すでに仕掛けの杭は朽ち果て、なくなっていますのでこの景色は当然ですが撮れません。
 
 この時、使ったレンズは廉価なサードパーティの高倍率ズーム。
 
 確かに細かい描写は不満の残る描写かもしれませんけど、画素数も1200万画素(笑)
 
 実にたくさん撮りましたし、構図の勉強にもなりました。何と言っても効率がいい。
 
 効率がいいから安っぽい写真となるわけではなく、撮影自体が短時間で済むだけ。
 
 このレンズに比べたら、FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR なんて圧倒的に描写は良い。
 
 上手く使えば、レンズがどうのこうの言ってる間に撮れますね(笑)それも画質も良く。
 
 いいレンズって評価は画質だけで語るものではないと考えます。
 
 
  
 

人気ブログランキング
 
2018年カレンダー販売ページ
 
FUJIFILM X-Photographers page

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中