玉ボケを構図する

Balls of Bokeh
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
7artisans 50mm F1.1
 


 
 
 玉ボケを上手く利用することで、構図に活かしてみる。
 
 最近広告で見かける TRIOPLANレンズほど派手な玉ボケではないですが、
 
 緩やかなボケとは違う構図の作りやすさがある。
 
 ただの葉っぱを撮っても楽しめる面白さが良い。
 
 ボケの評価的には滲むような緩やかなモノが評価されるでしょうけど、
 
 他にはない描写を愉しむレンズの一つである。
 
 
 
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中