熱帯雨林の質感

Tropical rainforest fern
 


 
 
 私は湿度の高い環境に弱い(汗)
 
 しかし、撮影だと関係なく熱帯雨林でも入っていける。
 
 とは言え、気がついたら森の中で寝てしまうこともある(笑)
 
 なぜか眠くなるのである。
 
 人に聞けば、森の中で発せられるある物質が眠りを誘うのがその理由らしい。
 
 ただ、私以外に森で眠ってしまう人を見たことがないので、本当だろうか?と思っている。
 
 湿度99%のケアンズの森の中。
 
 深く鮮やかな緑と蒸発できない水滴は、力強い生命の根源を感じさせるのだ。
 
 熱帯雨林ですぐに気づくのは、シダ類の多さとその巨大さだ。
 
 かの恐竜が闊歩した時代はもっと巨大だったのだろう。と思いを馳せる。
 
 昔と違い、ほとんどの恐竜は”爬虫類ではなく鳥類に近い”というのが定説である。
 
 羽毛に覆われたティラノサウルスをイメージして、ちょっと笑ってしまったけど、
 
 もしもタイムマシンがあるのなら、少し覗いてみたい時代である。
 
 
 
Panasonic GH5
LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm/F2.8-4.0 ASPH.
 
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中