矛盾

Time distorted

FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 18-135mm F3.5-5.6 R LM OIS WR  (製品サイト)
 


 
 
 作品写真を撮るということは基本的にエゴである。
 
 作品本来の意味を考えれば、
 
 風景の”場所”も
 
 人物の”誰”も
 
 関係がないはずである。
 
 しかし、”写真”であることがそこに現実の必要性が存在する。
 
 観る側ではなく撮る側である。
 
 その現実を踏み台にしてはいないか? 利用してはいないか?
 
 被写体の名前を出した瞬間、
 
 それは作品性をスポイルしてしまう事になるのではないか。
 
 如何なる言葉を並べようとも、
 
 被写体を常に”利用”しているのはフォトグラファー自身である。
 
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中