猫的モノクロームな生活

Sisters

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
7Artisans 35mm F1.2
 


 
 
 最近このレンズを好んで使ってるが、超高画質だからってわけではない。
 
 コンパクトさ、開放時のピント面のゆるさ、階調の美しさ。
 
 と言った理由が主なんだけど、もちろん仕事の撮影では使わない。
 
 7Artisansというメーカーは、レンズを見ていてもとらえどころが無い。
 
 レンズごとにキャラがかなり違うのである。
 
 面白いが、使ってみないとわからないところが多い。
 
 今どきの開放からカリカリとは程遠いけど、
 
 写真っていつからそういう風になっちゃったんだろう。
 
 そういうレンズもありがたいけど、正直面白くないんですよね。
 
 撮像することが写真を撮るって意味ではないってことなのである。
 
 
 

↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中