地球という天体

Dead Tree and Milky Way

FUJIFILM X-T3  (製品サイト)
FUJINON XF 10-24mm F4 R OIS  (製品サイト)

Blogランキング応援はこちらへ

 
 

正直言うと、星空とか天の川とかあまり興味はなかった。
しかし、
タスマニアのクレイドルマウンテンの近辺の夜は違った。
昼間に撮影した巨大な枯れ木へ深夜に向かう。
歩くために点灯していたヘッドランプを消すと頭上に雲が広がっていた。
気持ち悪いくらいの数の星が雲のように頭上にあるのだ。
ああ、これが天の川というやつか。肉眼で明確に見えるなんてしらなかったぞ(汗)
マゼラン星雲も見えてるし(笑)イスカンダルはどこにあるんだ?

夜撮はあまり得意ではないけど、撮影自体は理屈である。
露光時間、持ってるレンズの明るさ、それに応じた感度設定で決まる。
問題は構図だ。巨大な枯れ木をシルエットに入れるにしても、
真っ暗で見えないのだから始末に負えない(笑)
自分一人ならライトで照らす方法もあるけど、
他の撮影者がいる場合はそうはいかないのだ
(まぁ日本では他の撮影者がいても平気でライトあてちゃう人いますけどw)
とは言え、1~2回撮影すればわかるので問題なし。

そしてこの日、初めて地球が天体であることを実感として理解した。

 
 

Blogランキング応援はこちらへ

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中