又兵衛桜(2015年)

相変わらず「フルサイズ=高画質」神話が蔓延してるカメラ市場。
まぁ、メディアがそう言ってるんだから仕方ない気もする。
「フルサイズはボケが良いよね」
・・・とか物知り顔で語るカメラオヤジ達。
下手したら撮影現場でカメラ女子を見つけたら、
わざわざいいに来る人もいるそうな(笑)

重要なのは焦点距離と絞りによる被写界深度と収差の問題だろう。
この写真は、APS-Cフォーマット、106mm(ズーム)でF4で撮影している。
「風景写真=絞り込む」なんていう都市伝説なんかクソくらえである。
必要な被写界深度をもって立体感を見せるもんだと思っている。
100mmのボケはAPS-Cだろうがフルサイズだろうが同じである。
APS-Cやマイクロフォーサーズのメリットは、
「同じ画角の焦点距離を短くできるからボケを少なくできる。」という点である。
レンズの出来が良ければ、フルサイズよりも1段以上開けられるということである。

この意味が理解できないのであれば、カメラやレンズを語るなかれ!である。
 
 
Soul of tree
 
 

記事の内容に興味が持てたらポチッとクリック
 
使用機材:
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中