洋館の真実

外界と隔絶された洋館の敷地に迷い込んで長い時が過ぎた。
私は庭木の剪定と撮影師をやりつつも、
そこそこ快適な軟禁生活にも慣れてしまったのである。
もう随分と月日が過ぎたことだろう。
幸いなのか不幸なのか、
私には身寄りがいないので探される事もない。

ある日、女主人に呼び出された。
 
 
The House of Monochrome
 
 
「この洋館がなぜ外界と隔絶しているのか知りたいですか?」

(もう今さら感溢れる話だが、知っておくに越したことはない)

「はい、知りたいです。」

女主人は穏やかに笑顔のまま語り始めた。

-今から話す事を心して聞きなさい。-

あなたが理解している通り、ここは外界から隔絶された場所。人の住む場所ではございません。
あなたが迷い込んだ頃、あなたの世界では魔物が放たれました。
それは目に見えず、人の世界を破壊するために放たれたモノです。
人は様々な事を実現し、人の往来を簡単にし、便利に生活してきました。
しかし、人の分をわきまえず、他の種や自然を蔑ろにしてきました。
その代償を人が払ってこなかったのです。すべて、人以外に代償を払わせてきたのです。
少しやりすぎたのです。
ですから、最も簡単な方法で人の世界を破壊することに決まったのです。
対象はすべての人。選別はいたしません。
多すぎる人を少しだけ減らし、生き残る人々には記憶を与えます。
あなたが今、あなたの世界に戻って、何が残っているのかわかりません。
それでも戻りたいと言うなら戻してあげましょう。

そして次の瞬間。
私はイキナリ洋館から元の世界に戻されたのである。
 
 
Those who wait in wizards.
 
 
朽ち果てた神社の鳥居の前で、私は立ち尽くしていた。
洋館などどこにもない。
手にしているのは圏外になってるスマホとバッテリー切れのカメラだけ。
いったい今は西暦何年なのだろう。
さて、人を探すとするか。。。腹減ったな。
 
 
記事の内容に興味が持てたらポチッとクリック
 
使用機材:
Panasonic LUMIX S1R
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM |Art
SIGMA Art 135mm F1.8 DG HSM |Art

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

“洋館の真実” への 2 件のフィードバック

  1. 続きを、ありがとうございます(^^)

    洋館の女主人であるcocoroさんは、いったい何者だったのでしょうか?
    神? それとも魔物の親分なのか?
    女は魔物・・・いえ失礼m(__)m

    最後の一言 「腹減ったな」 が、リアルで吹き出してしまいました(笑)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中