遊び疲れて、夢の中。

コッチの都合などお構いなしに、
遊びたくなると、
「猫じゃらし、または、ネズミのおもちゃ」を持ってきてうるさく喋る。
その時々でどっちを持ってくるのか考えてるようである。
一番多いのはネズミのおもちゃで、犬のように「もってこい」を強要する。
投げ方にも注文があるようで、シンプルすぎたりすると面白くないらしく、
取りに行くダッシュも、持って帰ってくるスピードも遅いのである。
「投げる品質」が問われるのだ。
高く、どこかに跳ね返って、できれば何かの裏に隠れるように投げるのが良い。
スキルが必要だ。正直、私は苦手だ。
小学校時代、苦手な野球に付き合わなくてはならなかったが、
デッドボールの多さでピッチャーは間違いなくやらせてもらえなかった。
それくらい”どかた”である。
明日もきっとKENさんに「ネズミを投げろ!」と強要されるのだろう。
努力しますよ。KENさん。

オマエが平和に暮らせるように、全てがうまくいくように。
 
 
He was tired of playing and went into a dream.
 
 
記事の内容に興味が持てたらポチッとクリック
 
使用機材:
FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F2 R WR  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

カテゴリー: cat

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中