艶彩色彩

もちろん、
写真の基本はモノクロームであり、
作品という写真はモノクロームが中心となる。

しかし、
色彩を作品としたくなるシーンもある。
 
 
Japan portrait ( cocoro )
model : cocoro
 
 
昨年の今頃、
藤色の着物は藤と組み合わせるつもりで向かったのだが・・・・。
 
 
Japan portrait ( cocoro )
 
 
肝心の藤の咲き具合はいまいちだった(笑)
仕方なく、いい感じで咲いていた「シャクナゲ」と「新緑」、そして、きもの。
 
 
Japan portrait ( cocoro )
 
 
艶やかな色彩に溢れる作品となった。
しかし、雑然となる背景をうまく魅せるためには、
被写界深度の浅い、ボケの美しいレンズが必要で、開放時の口径食もボケの演出に使う。
「何が何でも丸ボケじゃないとダメ」なんて愛想がなさすぎると思う私です。
 
記事の内容に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
使用機材:
Panasonic LUMIX S1R
中一光学 SPEEDMASTER 85mm F1.2

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

“艶彩色彩” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中