窓の光

どんな光を選ぶか、どんな露出で撮るか。
もちろん、
そんな選択はフォトグラファーが主体性を持って行うことだけど、
被写体を見ずに惰性でダラダラとライティングをセッティングしているだけの
フォトグラファーには絶対に撮れない写真がある。

被写体との距離感やタイミングというものは、
その瞬間にしか存在しない事も多々あるものだ。
ライティングセッティングしている間に消えていくものに気づかないとしたら、
フォトグラファーは向いていないと思う。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Light from the window.
model : Yumiko Matsuzaka
 
写真が良ければポチッとクリック
 
使用機材:
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中