作品撮影

写真を撮るのが上手いってだけではただの自己満足。
フォトグラファーに褒められてるうちは良い写真とは言えない。
高性能な機材を使うほどに、撮る側の能力が明確になる。
機材を語る前に、写真を語れる様になるべき。
ノウハウ本に書かれてることは基本でしか無い。答えはその先にある。
写心とは心を込めた “だけ” の写真ではなく、
被写体の魅力を最大限に引き出した写真の事。精神論で語る時点で終わってる。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
On the shores of a natural lake.
model : Mari Shimizu
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 EF
GODOX AD200

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中