超広角で寄るのは楽しい。

Wide angle macro view of the garden.
 
 
寄る写真。といえば50mmとか100mmとかのマクロをイメージする人が多い。
撮ってみればわかるんですが、小さな被写体を拡大してるだけなのだ(当たり前)
もちろん、そういう写真は存在するし、そこに被写体を抽象化したアートマクロも存在する。

例えば、
雨上がりの庭の雰囲気を撮ろうとするとマクロレンズでは雰囲気が伝わりにくいことの気づくはず。
そういう時、シッカリ寄れる超広角レンズの登場である。そう、24mmじゃ足りない。20mm域が必要。
レンズの明るさなんて大した問題にもならない。寄れば背景などそれなりにボケるし、
超広角で寄って撮る世界は立体感が凄いのだ。
 
 
Wide angle macro view of the garden.
 
 
家にいる猫だって、超近くにいる時も撮影に困らないはずだ。だって画角が広いんだから。
 
 
KEN 6.20.2020
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中