FUJIFILM X の始まり。

FUJINON XF 18mm F2R
FUJINON XF 35mm F1.4R
FUJINON XF 60mm F2.4R MACRO
この3本のレンズと X-Pro1から、FUJIFILM Xが始まったと言っても過言ではないと思う。
(実際にはXシリーズは、コンデジのX100から始まってるんだけど、私はレンズ交換式が始まりだと思っている。)
特に、XF 35mm F1.4Rがエポックメイキングなレンズだったのだ。
このレンズがなければ、おそらくXシリーズに引っ越すということはしなかったはず。
X-Pro1と組み合わせた時の、
実にのろく中々合わないAFを愛おしく思えるほどのポートレイトの描写に感動した。
今では、Xレンズの中でポートレイトレンズの主役の座は FUJINON XF 56mm F1.2Rに譲った感じはあるけど、
35mmの描写は相変わらず良い。
その後、XF 35mm F2R WR が出て来ましたけど、ポートレイトではこのレンズの方が圧倒的に上手なのだ。
もし、ステップモーター搭載したり、防塵防滴タイプの新型が出るとしても、
このレンズの描写そのままにアップデートして欲しいと本気で思っている。
間違ってもMTFを追いかけるだけのレンズにはならないで欲しい。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Monochrome Portrait
model : CoCoRo
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-H1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中