単にきれいな写真を撮るのが目的であるなら、
世に出回るノウハウ本やキレイな写真の真似をすればいいだけだ。

写真を撮り、自分の作品とする。
それがどんな意味を成すのかを考えることが重要だと思う。

浅く狭い範囲に言えばオリジナリティを持った視線だし、
わかりにくいが広範囲に言えば世界観を持っていることとなる。

経験してきたことや、
美を意識して何を観てきたのかが作り上げていく美意識。
一般ウケ狙いで足したり引いたりして作り上げる「クリエイター」なる人種と
生き方に関わる「~家」という人種は根本的に異なる世界にいる。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Lotus
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-H1  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中