85mmのF2とF11

風景では絞ることが割と普通である。
F8以上になるとレンズの差異も出にくくなるし、
焦点距離に依ってはピント位置も関係なく見える。
(写真においてピントの位置はとても重要であるのは当然だが)
F16以上になってくると回折ボケを心配する人も多くなるが、
絞らなきゃならない時は絞る。
回折ボケが嫌だから絞って使わないというのは、
ただのレンズオタクのセリフで参考にはならない。
しかし、絞りすぎてシャッタースピードが遅くなりブレてしまっては話にもならない。
三脚使えばブレないなんて思ってる人も気をつけるべきである。
三脚使ってもブレてる写真は数多く見かけるのである。

1枚めはレンズの開放F2で撮影。

Sunflower
 
 

2枚めはF11で撮影。

Sunflower
 
 

それぞれに見せる絵は異なる。
ポートレイトや商品撮影だけでなく、風景撮影においても絞りは重要な要素である。
 
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
DULENS APO 85mm F2

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中