毒鏡/DULENS APO 85mm F2

DULENS APO 85mm F2

このレンズの良いところは、シャープな描写と少ない色収差にある。
某K社の90mm F2.4など色収差が盛大に出て事実上使い物にならないし(現像補正にも限度がある)、
某国産T社の望遠ズームレンズも色収差天国で私は一切使わないことにしている。
それくらい色収差が嫌いと言えるわけですが(笑)

しかし、このレンズは明らかに違う。
色収差がないとは言わないが周辺にわずかに出るだけである。
中国製レンズもここまで来たのかと思うほど。
最短撮影距離が90cm付近なのが少し残念ではあるがマクロアダプタを使う方法もある。
(現時点でEF→SLのマクロアダプタがあるのかどうか知らないけどw)

開放からシャープで描写に曖昧さを感じさせない点、
ボケが中々に美しい点、
色収差が少ない点。
この辺りが使いやすさのポイントとなっていて、シーンをあまり選ばない。
金属製の外装の作りも実に格好良い。
名前は凄いけど(笑)

価格は少々高めになるようだが、今月中に焦点工房から正式発売されるらしい。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
At an old house in Nara, Japan
 
 
At an old house in Nara, Japan
 
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
DULENS APO 85mm F2

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中