混沌の夏の鹿

若草山山頂の夏の昼間の木陰は、実に密である。

鹿への人の接近限界は50cmくらい。
人の子供は嫌われる(不躾で煩いから)。
触るのは厳禁(鹿にとっても人にとっても)。
地面は鹿の糞で出来ていると思って間違いない。

カップルで来る女子は必ず「かぁわいぃ~」と叫びスマホを鹿の目の前に(わざとらしいし、いい迷惑w)。
カップルで来る男子は必ず「平気を装い」鹿に触ろうとする(無理に格好つけんでええで)。
家族で来る子供は必ずダッシュして鹿に突進する(ダニがいるのに親は放置)。

ちなみに、LUMIX S1Rの同時動物認識数は3つだが、このシーンではシッカリ3つ認識していた(笑)

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Daytime chaos.
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
LUMIX S 20-60mm F3.5-5.6

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中