超広角の紅葉

気がついたら12月も半分以上の過ぎてしまい。2021年まで9日。
細かく用事が詰め込まれている日程が師走を感じさせます。
先月の紅葉撮影も遠い過去の出来事のような心持ちですが、
出してなかったSIGMA 14-24mm F2.8 DG DN ARTでの紅葉。
既に高く上がった太陽を楓の木の枝の隙間にのぞかせて光条を入れてみる。
ありがちな撮り方ですけど、肝はやはり露出の詰め方ですね。
あとでRAW現像して。。。なんていう人もいますけど、
たとえその場合でも撮影時の露出はとても大事です。

でも、わかんない人はわからなくても良いと思ってます。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Autumn Sky in Japan
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
SIGMA 14-24mm F2.8 DG DN |Art

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中