FUJINON XF 56mm F1.2R の開放の自然さが良い。

“FUJINON XF 56mm F1.2R” が発売されてから結構経過したけど、
個人的にこの56mmレンズは最も好きなレンズである。
一般的には XF 35mm F1.4R が神レンズ(好きな言い方ではないですが)とか言われてますけど、
私はこっちの方が圧倒的に使用頻度が高い。
フルサイズ換算85mmと言われるが、それは単に画角の問題であり描写は56mm F1.2である。
細かく言うとコマ収差が残ってたりするけど、星撮りを殆どやらない私にはほぼ関係がない。
コンパクトなAPS-Cのカメラシステムの中で、このレンズと組み合せだけでポートレイト撮影しても困らない。
※ただし、部屋撮りなどでは “FUJINON XF 23mm F1.4R” を多用する(笑)

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
At that time.
model : Yumiko Matsuzaka
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-T1  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中