梅花爛漫

小さな梅林では、標準画角付近ではちょっと余計なものが入ってしまう事が多く、
狭い画角で圧縮効果を利用して梅だらけ感を演出する。
FUJINON XF 90mm F2 R WR というレンズは、
ポートレイトで使う上では若干遠いので使いどころが限られるのだけれど、
描写の傾向は、FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR と似ていて、
更にシャープでボケはXFレンズで最も良いと思うし、コンパクトで、
1バッグにレンズをボディやレンズを収めてしまいたい時は重宝するレンズである。
昔から言われていることだけど、単焦点は足で撮るレンズだから、
よく動き、よく撮るのが肝である。
ボディ内手ブレ補正のボディだと使いやすくなっているので使う局面は増えるだろう。
現時点で使用している FUJIFILM X の機種は、X-H1、X-T4、X-S10であり、
全てボディ内手ブレ補正が付いている。
「人間楽をするとダメだな」と思いながら使っている。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
At the plum grove
model : CoCoRo

 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-T4  (製品サイト)
FUJINON XF 90mm F2 R LM WR  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中