知人者智、自知者明

人を知る者は智であり、自分を知る者は明である。

写真に置き換えて、

被写体を知ることは優れた記録であり、自分を知ることは優れた写真である。

・・・と定義してみると、

「写心」とは被写体の心ではなく、良くも悪くも撮影者の心が写るのである。

撮影者の観たいもの(美意識)を写している。という事だ。

つまり、誰が撮ろうが、それはその者の観たいものがそこにある。という事になる。

少し、量子力学的な話になってくる(笑)

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Cherry Blossom in monochrome
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-T4  (製品サイト)
FUJINON XF 50-140mm F2.8 R LM OIS WR  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中