記録的にならないように薔薇を撮る。

キレイに咲いている花を選んで撮る。・・・のがおそらく花の撮り方なのだろうと思う。
とは言っても、痛みやすい薔薇とかなかなか撮りたい構図で撮れるのは稀である。
数年前から気づいているのだけれど、花を花として考えてしまうとかなりハードルが高い。
なので、色の違う葉っぱだと考えるようにしている。
そうすると、撮影の自由度が拡大されるのである。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Roses on a Rainy Day
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-S10  (製品サイト)
TTArtisan 50mm F1.2C

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中