和夏

子供の頃の夏の記憶。

まだ舗装してない道はたくさんあったし、雨が降ると水たまりもたくさんあった。
水たまりになる道路の凹みも結構深くて、3輪のミゼットが転倒したこともある。
近所の大人も子供もそんなミゼットを見かけたら、皆で起こしに行ったものだ。
晴れたら砂埃もすごかったから、井戸水をやたらと打ち水に使っていた。

蚊は多かったし、エアコンなんか知らなかったし、網戸すら無かった。
当然窓はフルオープンで、夜は蚊帳で寝るのが普通だった。

時々、粋な叔母が京都からオシャレな”きもの”を着て、家にやってきた。
盛夏の陽炎のたつ、駅からの道を日傘をさして歩いてくるのをよく覚えている。
いつも甘い洋菓子を持ってきてくれた。その中でもプリンが大好きだった。
叔母は、母と違っていつも陽気な人だったし、私を甘やかすばかりだった。
家に来て、さんざん喋りまくってから、
笑顔で「またねっ!」と駅の方に歩いていく叔母が格好良かった。

今から考えると、嫁ぎ先でいろいろあったのだろうと思うけど、
当時はそんなことを思うはずもなく、
「叔母が母ならプリンいっぱい食えるな。」と考えていた。

記事に興味が持てたらポチッとクリック

Japan Summer
model : CoCoRo

写真が良ければポチッとクリック

撮影機材:
Panasonic LUMIX S5
SHOTEN マウントアダプター LM-LSL
TTArtisan 90mm F1.25

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中