フィルムシミュレーション「Classic NEG.」の選択

このところ、フィルムシミュレーション「Classic NEG.」で試している。
屋外のポートレイト撮影では、ずっと ASTIA か PROVIA の選択で撮ってきてるのですが、
Classic NEG. の持つ懐かしさというか旅情感覚がとてもおもしろい。
決して軟調ではないし、シャドウが沈み、ハイライトが強い傾向にあるので、
あまりビューティポートレイト向きではないのですが、設定次第では実にいいトーンとなります。
自分的には、「リアルだけどノスタルジックな雰囲気」という印象です。

GFX100系では、ノスタルジックネガというのもあるらしいのですが、
X系には設定されていないので少々残念です。(差別化ですかね?)

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Traditional Japanese Summer Style
model : CoCoRo
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-T4  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中