画質って何?

新製品リリーズが活発になる季節になると、
いつも考えるのが「画質って何?」というところ。

確かにハードウェアの進化からもたらされる画質の向上はある。
解像力であったり、ハイライトやシャドウの描写であったり、
中間トーンの美しさであったり、
手ブレ補正であったり。
しかし、10年ほど前のカメラやレンズであっても高画質な作品は沢山ある。

画質というのは、撮影者による影響の方が重大な要因を占める。
ピンずれ、ブレ(手ブレ補正を超えたブレw)、光の不足、構図の問題。

ハイパワーで速く走れるレーシングカーやスポーツカーに乗れば、
誰でも速いかというとそういうわけではない。
最近の新しい撮影機材は「自動運転機能が向上した」車みたいなもので、
それを使えば、自動運転でカバーできる範囲だけ、ソコソコ撮影できるだけである。
そこに頼り切って撮影していれば、そこそこ高画質?に撮影できるかもしれないが、
撮影者の基礎的レベルが下がってしまえば、
最新機種によって会得したアドバンテージも簡単に無駄になってしまうだけだろう。

 
記事に興味が持てたらポチッとココをクリック
 
 
Daily Life
 
写真が良ければポチッとココをクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-H1  (製品サイト)
FUJINON XF 35mm F1.4 R  (製品サイト)

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中