アベイラブルライト+

写真は、英語ではPhotograph。直訳すると光画。
つまりは、光で構成される画ということ。

光はその場の光を使うもよし。
全て作り上げるもよし、
あわせ技もよし。

モノクロームはそのトーンの美しさを魅せるもの。
ハイライトとシャドウの間の変化が重要。単なる白黒ではない。
(アート表現としての2トーンがあるのは理解してる)
LUMIX Sシリーズのモノクロトーンの美しさは際立ってる。
画素数だけでモノを言う世界ではない。
シャドウ部分の描写は高感度に強い機種の方が遥かにいいトーンで描写する。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Window Light

model : Rin
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S5
LUMIX S 50mm F1.8

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中