近くの柿景

柿を撮ると言っても、結局のところ背景次第である。

立派な柿の木なんて探せば結構あるわけで、
いざ写真に撮るとなると背景が問題になる。
広く撮るにはその周りの環境も問題になる。

これは望遠を使ってるわけだけど、
これは “背景や環境の不都合の回避策” 。
電線が低く通されてたり、コンクリート電柱がど真ん中にあったり、
隣に今どきの新築の家が建ってたり。
ほしい絵は、古き良き日本の里イメージだったりすると、
今どきの【モノ】は邪魔になってしまう事がある。
写真を切り取りと表現する人はそればかりやってるからだろう。

ポイントはどういう絵がほしいのか?

・・・・というコンセプトに関わる部分だから、
結構重要な課題である。

ちなみに、この 中一光学 APO 135mm F2.5 ED 。 使ってみれば分かる話ですが、結構良い描写してます。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Persimmon view in late autumn, Japan.
 
 
 
Persimmon view in late autumn, Japan.
 
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-T4  (製品サイト)
中一光学 APO 135mm F2.5 ED

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中