寒椿

庭に咲く寒椿を40mm MACROで撮ってみた。
40mmなので、グイグイ寄っていかないと “マクロレンズ” な使い方にはならない。
ところが、椿のキレイな花は気の奥の方に咲いてることが多くて、
椿の木の枝の中に突っ込んでいくことになる訳だけど、
ファインダーを覗くのは無理がありすぎる(笑)
背面液晶で絞り込んでも超接近による極薄のピントにシャッター速度は落ちる一方。
いくらボディ側手ブレ補正なんか備わってても、近接ではほぼ役に立たないので、
低速連射機能を使う。すると2~3枚めあたりはブレが解消しているのである。
椿はすぐに傷んでしまうから、寄るなら咲き始めに撮るのが良い。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Flowers in the garden (Camellia japonica)
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM X-S10  (製品サイト)
TTArtisan 40mm F2.8 MACRO C

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中