GFX50Sii と TTArtisan 90mm F1.25

35mmフォーマット用の TTArtisan 90mm F1.25 を GFX50Siiで使ってみた。
ケラレについては、絞り値よりもピント位置によって影響を大きく受ける。
GFXのフルフォーマットでは、
ピントが無限遠付近になると絞り値に関わらず確実にケラレが出る。
ピントが2~5m程度の距離ならキツめの周辺減光レベルに見える。
個人的には、
35mmフォーマットを使用するより、
スクエアフォーマットで撮影するのが現実的な選択。
撮影後にトリミングという手もあるけど、
結果的に撮影時の構図に狂いが生じる可能性が高い。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Hasedera Temple
 
 
 
Hasedera Temple
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM GFX50S II  (製品サイト)
TTArtisan 90mm F1.25

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中