TTArtisan 50mm F1.4 ASPH は GFXで使える。

FUJIFILM GFX50SII でノートリミングで使える フルサイズ用レンズを確認してると、
コンパクトな TTArtisan 50mm F1.4 ASPH が周辺減光レベルで使えることが判明。
周辺までしっかりシャープにするにはF8まで絞る必要があるけど、
開放F1.4でも構図次第で使える。
コンパクトなレンズだし、ズームと一緒に持って歩くのに使える。

ついでに、
TTArtisan 21mm F1.5 ASPH は、強めの周辺減光で絞ればそこそこいける。
TTArtisan 35mm F1.4 ASPH は、50mmより周辺減光が強いかも?ってレベル。
使い方次第ですが、ガチッと撮るのは GF35-70mm があるのでバリエーションですね。

掲載写真は、F1.4での撮影で現像時に周辺減光を少し補正してます。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
KEN Feb. 2, 2022
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM GFX50S II  (製品サイト)
TTArtisan M-GFX Mount Adaptor
TTArtisan 50mm F1.4 ASPH

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中