パンを撮る。

表面がゴワゴワしたハードなパンを撮るのは難しくない。
少しだけライティングに気を使えば質感描写は容易な方。

しかし、
いつも光を回せばいいわけではないし、
いつもハードにしなきゃならないわけでもない。
どういう風イメージが必要なのか?が重要。

クライアントの依頼で撮る場合、
「クライアントが必要とするイメージ」で撮るのが重要。
当たり前ですが、
間違っても依頼された側の勝手なイメージで撮ってはいけない。

提案は良。が、勝手は否。

仕事において、フォトグラファーというのはコミュニケーションが大事で、
人とのコミュニケーションが苦手な人には向かない。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Bread 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM GFX50S II  (製品サイト)
K&F Concept レンズマウントアダプター KF-EFG (EFマウント → Gマウント変換)
DULENS APO 85mm F2

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中