GFXで使えるレンズ(中一光学 APO 135mm F2.5 ED)

DULENS APO 85mm F2 が余裕で使えるのがわかったので、
次は期待大の “ZHONGYI APO 135mm F2.5 ED” である。

ebayでは既にGマウントのモデルが発売されていますが、
Gマウントが用意されてても「35mmフォーマットモード」推奨も多く、
正直あてにならない事も多い。

・・・というわけで、
EFマウント版にマウントコンバーターを介して使ってみました。
 
モデルはいつもの通り、KEN王にお願いしてます。
 
 
GFX50Sii + ZHONGYI APO 135mm F2.5 ED
F2.8
周辺減光もほとんど無く、全体的にシャープに描写している。
 
 
センターはどうだろうか?
 
GFX50Sii + ZHONGYI APO 135mm F2.5 ED / center 100%
とってもシャープである。文句なし。
 
 
隅っこはどうだろうか?
 
GFX50Sii + ZHONGYI APO 135mm F2.5 ED / corner 100%
予想以上にシャープに描写してますね。驚きです。
DULENS APO 85mm F2 よりもずっと良い描写をしてます。
 
 
フルサイズ換算すると108mmの画角で、フルサイズの135mmよりもポートレイトで使いやすいと思います。
このレンズは、LUMIX S1Rでも使ってますが、フリンジ等も殆ど出ないのでとても使いやすく、ピントの山も明確です。
価格も4万未満で買えてしまうので、GFXユーザーなら1本持っておいて損はないはず。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM GFX50S II  (製品サイト)
K&F Concept レンズマウントアダプター KF-EFG (EFマウント → Gマウント変換)
中一光学 APO 135mm F2.5 ED

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中