無意味にライズ

TILT・SHIFT レンズを使うのでシフト(ライズ)してKEN王を撮影してみた。
この様な写真で、別にそんな必要はないことは言っておく(笑)
使いたかっただけだ。
ちなみにCANONのTSEレンズをGフォーマットで使う場合、
チルトシフト量の最大値ではケラレたり、そうでなくても画質劣化が多くなるので、
フルに使いたいときは1:1や3:2等のフォーマット、又は、”35mmフォーマット”で使う必要があります。
それにしても、この写真では意味がない(笑)

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Shift photographed KEN
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM GFX50S ii  (製品サイト)
Fringer FR-EFTG1
CANON TS-E 45mm F2.8

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中