モノクロームな生活

デジタルカメラの一番のメリットは、どーでも良い写真が撮れること。
厳密に言えばデジタル写真だってコストはかかるわけだけど、
フィルムに比べたらそんなものゼロである。
だからこういう写真も量産されるのである。

え? こんなくだらない写真は撮らない?

それは残念です。せっかくデジタルなのに、もったいない。
数撮ればいいわけじゃないけど、
せっかくのデジタルカメラ。無駄などーでもいい写真を撮りましょう。
ひょっとしたら何かが見えてくるかもしれませんよ?
ひょっとしたらアートになるかも?

そして、こういう写真を撮ればこそ、
ZHONGYI SPEEDMASTER 50mm F0.95 III みたいなレンズの良さがわかるってもんです。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Art part of my life
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S5
中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 III L

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中