モノクローム・ポートレイト

アンニュイ。
頑張らない、抜け感のあるイメージ。
そこにエロティックな雰囲気を混ぜる。
撮影時間の終盤に撮るといい感じに収まることが多い。

ーーー

GFXフォーマットで使う85mmというのは、
フルフレーム換算で68mmくらいの画角。
標準と言われる画角を一回り切り取った感じとなる。
そうなると結構室内でも使いやすい画角になるところが面白い。
DULENS APO 85mm F2 というレンズは、解像力も高く、ボケも柔らかい。
中華レンズとしては少々高めの製品だけど、
特にGFXで使うと価値あるレンズ。

 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
Clandestine
model : TACHITAMA

 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
FUJIFILM GFX50S ii  (製品サイト)
K&F Concept KF-EFG (Mount Adaptor)
DULENS APO 85mm F2

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中