KIPON T&S N/G-FX

元来、チルト&シフトというのは、

極端に絞らずに広域にピントを合わせるような撮影であったり、

建築物などのパースを軽減させる為に使われるものだが、

チルト機能を利用して、最近(でもないが)ミニチュア的描写をするのにも使われる。

ミニチュア的な撮影をすると、

SPEEDMASTER 85mm F1.2

であったり、

SIGMA Art 50mm F1.4 DG HSM

であったり、

SPEEDMASTER 85mm F1.2

というような写真の撮り方が一般的な感じだ。

撮像面に対して直角に結像させないことで前後のボケが強調されるため、

近距離で明るいレンズを使用したかのような描写になることで、

ジオラマのように見えるのだ。

これを上手く使って作品写真で上手く活かせないか?と撮ってみたのが、

この写真である(付け焼刃的な感じが否めないが)。

つまるところ、被写界深度以上に合焦する範囲を制限するってことであるわけで

自分のコンセプチュアルな作品に活かすことが出来ないか考えているのだが、

チルトを意識させないことが肝要だと思うのであった。


KIPON マウントアダプター T&S N/G-FX 新東京物産株式会社


↑良ければ応援クリックお願いします↑
 
FUJIFILM X-Photographers page

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中