Portrait

Portrait (Mami)

model : Mami Nishiguchi

FUJIFILM X-T2  (製品サイト)
FUJINON XF 56mm F1.2 R  (製品サイト)

GODOX X1T-F
GODOX TT685F
 
 
 
 
 天気のいい屋外で、半逆光気味の太陽に対して、
 
 フィルライトのためにクリップオンストロボでリモート発光させてデイライトシンクロ。
 
 当然、光源を大きくするためにデフューザー(私がよく使うのはアンブレラ)を使うため、
 
 モデルに近づけるにしても発光パワーが結構必要であるので、GN60は必要だ。
 
 バッテリーを使うがゆえに、チャージ時間も気になるところですが、
 
 最近はリチウムイオンバッテリーを使用しているクリップオンもあるので、
 
 そっちを使えばチャージタイムの短縮も計れるだろうと、GODOX V860II-Fも持っている。
 
 しかしだ。
 
 TT685Fと外部バッテリーを使用する方が連続撮影時のチャージタイムの遅延度合いは少ない。
 
 V860II-Fは使い始めこそ爆速チャージタイムだが、バッテリーが減っているわけでもないのに
 
 発光させるたびにチャージタイムが低下していく。
 
 ゆっくり十数枚シャッターを切れば、チャージに数秒を要するようになる。
 
 付属するバッテリーが悪いのかどうかは定かではないけど、
 
 TT685F+外部バッテリー(単3が8本入るキャノンコネクタを使用する互換品)の方が、
 
 爆速チャージが継続できるのだ。
 
 
 
 
 
 
今、何位?人気ブログランキングへ
 
 
 
→ 2019年版カレンダーはこちら
 
 
 
FUJIFILM X-Photographers page
 
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中