SIGMA 50mm F1.4 DG HSM | Art

ボケ量だけで言えば、85mm F1.4 や 135mm F1.8 などもあるのだけれど、
ポートレイトの場合でいうと、あまりにも距離が離れてしまうと客観的になりすぎるところがある。
程よく背景を取り込み、被写界深度をうまく使って構図を整理する。
ボケすぎないところもポイントである。こういうところでは50mmがとても使いやすいのである。
それも開放時にピントがシャープに入り、中距離でもビシッと描写できるレンズが良い。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
On a sunny autumn day
model : CoCoRo
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S5
SIGMA 50mm F1.4 DG HSM |Art

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中