A Lakeside Story.

湖の畔という場所は、
何かしら叙情的なイメージをもたせやすいものだ。
淡水の自然湖であれば湖岸まで樹木は茂っている場所にことかかないし、
そういう意味で琵琶湖というのは実にロケしやすい場所と言える。
撮影場所へのアプローチは楽だし、
気にするのは天気と水位くらいのものだ。
 
記事に興味が持てたらポチッとクリック
 
 
A Lakeside Story.
model : Mari Shimizu
 
写真が良ければポチッとクリック
 
撮影機材:
Panasonic LUMIX S1R
中一光学 SPEEDMASTER 50mm F0.95 EF

FUJIFILM X-Photographers page

instargam

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中